神鳥会計事務所
  • Author:神鳥会計事務所
  • <所長>
    税理士・行政書士・
    CFP・ケアマネジャー
    神鳥 慶子
    (NPO法人キャリアサポート華メンバー)
    〒873-0002
    大分県杵築市大字南杵築1673-3
    TEL(0978)62-5428
    FAX(0978)62-5429
  • RSS
神鳥会計事務所Blog
皆さんからのコメント、お待ちしています!!
Facebook


FC2カウンター


Tree-LINK


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

神鳥会計事務所

Author:神鳥会計事務所
<所長>
税理士・行政書士・
CFP・ケアマネジャー
神鳥 慶子
(NPO法人キャリアサポート華メンバー)
〒873-0002
大分県杵築市大字南杵築1673-3
TEL(0978)62-5428
FAX(0978)62-5429


ブログ内検索


RSSフィード


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫婦で創る定年後ライフ
大分県介護研修センターでおこなわれた第1回公開介護教室
「夫婦で創る定年後ライフ」の講演会に
参加しました。

講師はお茶の水女子大学名誉教授、袖井 孝子先生です。
先生はNPO法人高齢社会をよくする女性の会 副理事長としてもご活躍です。

平均寿命が延びて定年後がもはや余生ではなく、もう一つの人生となった今、
定年後の人生をどういきるのか?高齢社会の大きな問題のひとつです。

男性はやっと仕事や社会のしがらみから解放され、家でゆっくり過ごしたいと考えています。
また仕事を口実?に家庭のことを妻におしつけてきた罪滅ぼしか夫婦や家族との団欒を
もとめています。

一方女性たちは、やっと子育て等から解放され、自由に外に羽ばたきたいと考えています。
その男性と女性の定年後ライフの考え方のギャップが定年後の人生をいまいちエンジョイ
できていない原因のようです。

私どものNPO法人キャリアサポート華でも、4年前団塊の世代の退職を受け、大分県下
6地域で定年後の生き方を考える「大分いきいきセカンドライフ塾」を開催しました。

女性は定年後を考えてすでに準備を始めている人が多かったのに対し、男性は仕事で手いっぱいで
まだ何も考えていない人がほとんどだった事が、印象に残っています。

最近ワークライフバランスと言われるようになりましたが、定年後の人生を
心豊かに過ごすには現役時代から夫婦でよく話し合って準備したいものです。

人生100年といわれる時代、60・70歳代で家に閉じこもっているのはもったいない!!
地域の中で高齢者のパワーを引き出すしくみづくりも、大切だと感じるこの頃です。







スポンサーサイト
シャクナゲ園めぐり
ゴールデンウィークが始まった5月1日、温泉探検隊のメンバーで日田市の二つのシャクナゲ園
に行きました。

上津江シャクナゲ園では2万本というシャクナゲと3千本のミツバツツジが咲いています。
まず入り口ではボタンザクラが満開でむかえてくれました。ぼたんざくら



山の地形を活かした散策路にはピンクのシャクナゲやオレンジ、うす紫のツツジが左右に咲きそろい
やよいちゃん、利都ちゃんも大喜び!!
自然のつくりだす美しい色に3人でうっとり~。つつじ


お昼は道の駅大山で地元の野菜等でつくったバイキング料理を、川のせせらぎを聞きながら
楽しみました。目にしみる山々の青葉若葉、5月のそよ風にふかれて気持ちよさそうに
泳ぐ鯉のぼり・・・・・心安らぐ光景です。こころもお腹も大満足!!

続いて前津江村の川津シャクナゲ園に行きました。こちらは昨年行ったのですが、
英国王立園芸協会認定のシャクナゲの珍種「卑弥呼」に会えませんでした。

今年は念願の卑弥呼にやっと会えてラッキー、うれし~い!
卑弥呼は美しいピンク色で花弁が多く、めしべが曲がっているのが特徴だそうです。
ひみこ


美しいシャクナゲのあとはやっぱり温泉。
大山ひびきの郷で温泉にはいって、今日も最高に楽しい温泉探検隊でした。


一人暮らし高齢者のつどい
4月30日私の故郷国東市武蔵町社会福祉協議会がおこなった一人暮らし高齢者のつどいに招かれ講演しました。

今回のテーマは 「相続・遺言と生前契約書」についてお話ししました。
高齢社会の大きな問題点のひとつに高齢者単独世帯の増加があります。

2005年世帯主が65歳以上の世帯は1355万世帯、そのうち単独世帯は387万世帯と言われています。
それが20年後の2030年には1903万世帯、717万世帯となり一人暮らし高齢者の世帯は倍増します。

一人暮らし高齢者の安全をどう見守っていくか・・・・これからの課題です。
当日は40名余りの参加者のうち男性は2名のみ。圧倒的に女性優位でした。

亡くなった後、家族の争いを防ぐ遺言
将来寝たきりや認知症になった時に備えて、元気なうちに準備しておく生前契約書

寝たきりに備える~財産管理等の委任契約書と認知症に備える任意後見契約書を移行型で公正証書で作っておきたいものです。

まずエンディングノートを活用して
今の財産状況や寝たきりや認知症になった場合はどうしてもらいたいか・・・・
日頃から考えておきたいものです。

人生の最後まで自分らしく、人間としての尊厳をもって生きるには、元気なうちからの準備が大切だと思います。














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。