神鳥会計事務所
  • Author:神鳥会計事務所
  • <所長>
    税理士・行政書士・
    CFP・ケアマネジャー
    神鳥 慶子
    (NPO法人キャリアサポート華メンバー)
    〒873-0002
    大分県杵築市大字南杵築1673-3
    TEL(0978)62-5428
    FAX(0978)62-5429
  • RSS
神鳥会計事務所Blog
皆さんからのコメント、お待ちしています!!
Facebook


FC2カウンター


Tree-LINK


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

神鳥会計事務所

Author:神鳥会計事務所
<所長>
税理士・行政書士・
CFP・ケアマネジャー
神鳥 慶子
(NPO法人キャリアサポート華メンバー)
〒873-0002
大分県杵築市大字南杵築1673-3
TEL(0978)62-5428
FAX(0978)62-5429


ブログ内検索


RSSフィード


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新春事務所セミナー
 1月18日(金)当事務所の新春セミナーを杵築市商工会館でおこないました。
NPOの活動を通して大分市の大分NPOプラザでは、毎月各種セミナーをして情報発信しています。
しかし地元の皆様には遠いので、なかなか聴いていただく機会がありません。
そこで地元の皆様にも少しでもお役に立つ情報をお届けできたら・・・・・・・と言う思いで、2年前から事務所新春セミナーを
確定申告の始まるこの時期に開催するようになりました。
このセミナーは二部形式で第一部は個人事業者さま向けに「今年の確定申告のポイントと注意点」を改正点を中心に
職員2人が講師を努めます。
第二部の法人さま向けセミナーでは「決算書の見方、読み方、活かし方」と題して私がお話しました。
決算書は経営者の皆様の通知表です。
損益計算書、キャッシュフロー計算書、貸借対照表の関連を設例を交えながら判りやすく解説しました。
日頃経理を担当しているかたは大変興味深く聞いていましたし、経営者のかたも関心が深かったようです。
決算書をもっともっと会社経営に活かせるようになって頂けたらと思います。
この新春セミナーも今年で3年目となりました。
一年毎に職員たちの成長を感じることができるのも楽しみのひとつです。
沢山の方にご参加頂き、本当にありがとうございました。
より良いセミナーとなるよう、これからも事務所一丸となって精進していきたいと思います。

スポンサーサイト
コーチングセミナー
 今年初めてのいきいきライフ華セミナーが、1月16日<水>大分NPOプラザで行われました。
今回のテーマは「部下を自発人間に育てるコーチング」です。
コーチとは馬車を意味し「大切な人をその人が望むところまで送り届けること」だそうです。
いまどきの若者の特性として
1・行動がのろい
2・マナーが悪い
3・言われたことしかやらない
4・提案や発想がない
5・仲間意識がない
等々あり、上司の部下育成の悩みはつきません。しかし人が動くのは次の3つの要素を感じたときだそうです。
1・危機感・・・・このままではやばい。何とかしなければ・・・
2・快感・・・・・・面白い、楽しい、好きだ、やってみたい。
3・価値観・・・・仕事の社会的意義、社会や組織への貢献度。
先生は「人は皆、無限の可能性を持っている」・・・・とおっしゃいます。
このセミナーを聞き、部下の可能性をひきだしてあげられる上司になれたら・・・・・と思いました。
又このセミナーで学んだことは、聴くことの重要性です。
「きく」とは相手の気持ちをこっちにいただくこと。
なにより気持ちが相手と一緒にあるかどうかがコミニュケーションでは最も大切なことだそうです。
今年は”聴く達人”を目指したいと思います。講師の佐藤 敬子先生熱い講義をありがとうございました。
当日は満員御礼となりました。ご参加のみなさま、本当にありがとうございました。


セカンドライフはいきいきと
大分市産業活性化プラザ中小企業支援講座の中でNPO法人キャリアサポート華はセカンドライフセミナーを担当しています。
今回はセカンドライフはいきいきと・・・と題し、3回シリーズで企画しました。

第1回目は「私のセカンドライフ体験談」
第2回目は「セカンドライフの設計図を作成しよう」
第3回目は「セカンドライフの夢を語りあおう(ワークショップ形式)」
で、いずれも18時30分から20時までの開催です。

1月10日(木)、第一回目のセカンドライフセミナーが行われ、
企業組合ソルテック理事長の渕野光三さん、㈲ナーシングサポートセンターすばるの代表取締役 得丸尊子さんの2名の方がそれぞれの創業体験を率直に生々しく語ってくださいました。
淵野さんは某大手建設会社の役員でしたが、突然の役員解任劇で55歳で退職、退職金なし、年金なし、貯えなし。働かざるを得ない状況の中で、元同僚の仲間5人で企業組合を立ち上げました。
そこで独立を機会に、現役時代から注目し学んでいたコンストラクションマネージメントという新しい建築手法を日本に定着させたいという志を持って創業されたそうです。

日本の従来の請負方式との大きな違いは、建築にかかるコストがお客様との間で透明化していることだそうです。
コンストラクションマネージャー(CMR)が、発注先プロジェクトチームの一員となり、事業主の立場でマネージメントを行うため、プロジェクト全体の予算低減化が図れ、効率的な一元管理によって工事の進行も円滑化するそうです。
姉歯問題を初め、建設業界への信頼が揺らいでいます。
淵野さんの良い建物を作ることを使命感と喜びとし、「魂の技術者集団となる」という力強い言葉がずしりと心に残りました。
創業して大変なことも多いけれど、組織に縛られず
「全て自分の意思で動けることが幸せ」とのことでした。
淵野さんはおおいた団塊くらぶのお仲間です。
今まで仕事一筋できたけれども、セカンドライフでは心のゆとりを持って、仕事に取り組み、社会活動もしていきたいと語ってくれました。
お二人の熱く生々しい創業体験談に参加者も元気と勇気を頂きました。


2008年に望むこと
新年明けましておめでとうございます。
いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
さて、今年はどんな年になるのでしょうか?

毎年年末になると、今年の世相を一文字で表す「今年の漢字」が
清水寺で発表されます。

2007年末の漢字は「偽」でした。

食品の偽装や賞味期限の改ざんが相次ぎ、哀しい世相をあらわす漢字が選ばれました。

さて今年に期待することを1文字で表すとすれば、私は「安」にしたいとおもいます。

「安」・・・広辞苑でひくと、やすらかなこと・・・となっています。
安心、安全、平安

安のつく熟語は色々ありますが、
今年こそ子供から高齢者まで安心して暮らせる平和な年の一歩としたいものです。
キエフバレエと海辺のクリスマスパーティ
税理士会別府支部に文化部ができて3年目になります。
ゴルフ、囲碁、釣り・・・と男性向けの同好会は色々ありますが、
女性向けの部はありません。

そこで女性軍が発案し、1年に1回観劇等を楽しんで会員間の懇親を図っていくことになりました。
第1回は、大分県の誇るプロの太鼓集団TAOのコンサートを、
第2回は福岡への懇親旅行の際、劇団四季のミュージカルを鑑賞。
今年は12月21日の夜、キエフバレエのくるみわり人形を総勢12人で鑑賞。
美しい踊りに皆うっとり・・・。
優雅なひとときを過ごしました。

外に出ると生憎の雨でしたが、皆で西大分かんたん港園で行われている
海辺のクリスマスパーティー2007に繰り込みました。

このイベントは、県営倉庫の有効活用の試みとして、初めて企画されました。
私達おおいた団塊くらぶも主催者の一員としてこの企画を成功させるため、皆で頑張って準備をしてきました。
県内の3つのバンド「ザ・オールウェイズ」「バンドはやし」「ミッズジャズオーケストラ」の皆さんも熱演し、参加の皆さんも知事と一緒に踊ったりして大いに盛り上がっていました。

大型ビジョンに華やかな映像が映し出され、会場のムードを盛り上げています。

ベロタクシーで、中国からの留学生の人前結婚式も行われ、華やかで楽しいクリスマスイベントにも参加し、会員間の交流を深めました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。