神鳥会計事務所
  • Author:神鳥会計事務所
  • <所長>
    税理士・行政書士・
    CFP・ケアマネジャー
    神鳥 慶子
    (NPO法人キャリアサポート華メンバー)
    〒873-0002
    大分県杵築市大字南杵築1673-3
    TEL(0978)62-5428
    FAX(0978)62-5429
  • RSS
神鳥会計事務所Blog
皆さんからのコメント、お待ちしています!!
Facebook


FC2カウンター


Tree-LINK


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

神鳥会計事務所

Author:神鳥会計事務所
<所長>
税理士・行政書士・
CFP・ケアマネジャー
神鳥 慶子
(NPO法人キャリアサポート華メンバー)
〒873-0002
大分県杵築市大字南杵築1673-3
TEL(0978)62-5428
FAX(0978)62-5429


ブログ内検索


RSSフィード


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塵も積もれば山となる~落ち穂献金報告~
今年の初め、非営利のNGO(民間援助団体)日本国際飢餓対策機構の活動について紹介しました。
このNGOは、
「世界の飢えた人々に食糧と愛を」
を標語に、アジア、アフリカ、中南米で飢餓と貧困に苦しむ人々に
物心両面の飢餓対策と支援を行っています。
今、この瞬間にさえ、世界では1分間に約17人(うち子供12人)、1日に2万5千人、
1年間に1千万人の人が飢えで死んでいます。
この日本国際飢餓対策機構の活動を知り、
自分でできる小さな支援を…ということで始めたのが「落ち穂献金」です。
今日も一日無事に終わったことを感謝して、10円と100円玉の貯金を始めました。
12月初め、献金を送るために貯金箱を開けました。
なんと10円玉が317枚で3,170円、100円玉が193枚で19,300円、
合計22,470円の献金を送ることができました。
まさに「塵も積もれば山となる」です。
ミレーの「落ち穂ひろい」の名画の如く、毎日の生活の中でできる「落ち穂献金」が、
世界の飢えに苦しむ人々のために少しでもお役に立てることを嬉しく思います。
DSC00754.jpg


スポンサーサイト
笑う門には福来る
12月16日(土)

NPOプラザにおいて、本年最後の社会貢献セミナーが行われました。
慌しい師走にもかかわらず、約30名の方が集って下さいました。

今回は、今年の「笑い納め」をしようと、「県南落語」を企画しました。
第一部では、NPOプラザにおいて団塊の世代の相談係をしている佐藤雅秀団塊コーディネーターが、自身のセカンドライフで週末農業を楽しんでいる様子を面白おかしく語ってくれました。
DSC00743.jpg

佐藤コーディネーターは、久住の農園で南米高地原産の「ヤーコン」という長寿芋を栽培しています。

ヤーコンは、ナシのようなレンコンのような歯ごたえがあり、ほのかな甘みがあります。
このため、サラダや酢の物等生食に適しています。
ヤーコンには、便秘が改善される、血清脂質が改善される、低カロリーでダイエット効果がある…等々数々の健康効果があるそうです。
無農薬で栽培し、別府では杉乃井ホテル、大分ではおおいた団塊くらぶ会長の森進一郎さんのお店「十三夜」に卸しているとか。

この日はヤーコンサラダやヤーコン漬物の試食もあり、皆さんにヤーコンを食して頂き喜んでもらいました。DSC00745.jpg



第二部は県南落語のお三方が本膳(ほんぜん)、平林(たいらばやし)、金明竹(きんめいちく)の出し物を熱演して下さり、会場は笑いの渦で包まれました。
DSC00749.jpg

DSC00750.jpg

DSC00752.jpg

「笑う門には福来る」
一年間のご愛顧、ありがとうございました。
華セミナー第9弾 傾聴~回想法に則って~
12月5日(水)

今年最後の華セミナーがNPOプラザにて行われました。
介護関係のお仕事の方や若い世代の方々にも参加して頂き、20数名が熱心に学びました。
今回は、NPO法人キャリアサポート華会員の臨床心理士 長谷川美枝子が
「傾聴~回想法に則って~」
と題してお話しました。
「聞く」と「聴く」はどう違うのか?

「聞く」とは、相手のことばを額面どおりに受け取ること。
ことばを耳から入れて理解すること。
それに対し、「聴く」とは、相手のことばの奥にある気持ちにまで耳を
傾けること。相手のことばに心を集中して耳を傾けること…だそうです。
「聴」という字のように、十四分に心を開いて相手のことばに耳を傾けることが「傾聴」です。

回想法とは、心理療法の一種で過去を回想することで治療に役立てる方法で
主な高齢者向けに活用されているそうです。
特に日本では認知症高齢者を対象に老人ホームやグループホーム等で
活用されています。
私も88歳の母と同居しています。
高齢者は過去の話を頻繁に繰り返すので、聞いている方は大変ですが、
高齢者の心を理解し、母の語りや回想にもっともっと耳を傾けてあげたい…と思いました。
あるセミナーで、都会では高齢者の話を「傾聴」する仕事がある…と
聞いたことがあります。
ある老人が自分の一代記を数日間にわたり語り終えたら
「あ~あ、スッキリした!!」
と、100万円をポンと支払った…とのことです。

相手の心に寄り添い共感し、耳を傾けられる聴き手を目指したいと思います。
地産地消ふれあいまつり
大分方面から国道213号線を国東方面へ向かう折、杵築市守江港沿いに「きつき漁菜館」があります。
ここは、農村女性たちが運営する産直販売とレストランのお店です。

12月1日(土)~2日(日)に「地産地消ふれあいまつり」をしていましたので、
立ち寄ってみました。


DSC00728.jpg

近隣の農家から持ち寄られた新鮮な野菜や果物が所狭しと並べられています。
ほうれん草、白菜、大根、椎茸、水菜、みかんにカキ…どれもピチピチしておいしそう~!!
DSC00729.jpg

おばちゃま達手作りのおまんじゅうや炊き込みご飯にも目移りしてしまい、思わず買ってしまいました。

このお店の名物に「肉まん」ならぬ「魚まん」があります。
中のあんが「肉のミンチ」ではなく、「特製・魚のミンチ」でできていて、とてもヘルシーで
おいしいです。皆様一度ご賞味あれ!!
DSC00727.jpg

当日は青空が広がり、小春日和の最高のお天気です。
DSC00733.jpg

手作りのだんご汁を振る舞ってくれ、ぎんなんの掴み取りサービスも行われていました。
お袋の味と温かいおばちゃまたちの笑顔…母の温もりのする「きつき漁菜館」は杵築の穴場です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。