神鳥会計事務所
  • Author:神鳥会計事務所
  • <所長>
    税理士・行政書士・
    CFP・ケアマネジャー
    神鳥 慶子
    (NPO法人キャリアサポート華メンバー)
    〒873-0002
    大分県杵築市大字南杵築1673-3
    TEL(0978)62-5428
    FAX(0978)62-5429
  • RSS
神鳥会計事務所Blog
皆さんからのコメント、お待ちしています!!
Facebook


FC2カウンター


Tree-LINK


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

神鳥会計事務所

Author:神鳥会計事務所
<所長>
税理士・行政書士・
CFP・ケアマネジャー
神鳥 慶子
(NPO法人キャリアサポート華メンバー)
〒873-0002
大分県杵築市大字南杵築1673-3
TEL(0978)62-5428
FAX(0978)62-5429


ブログ内検索


RSSフィード


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別杵速見国東地域消費生活セミナー
平成19年10月26日(金)
別杵速見国東地域消費生活セミナーが日出町保健福祉センターにて
行われ、私も講師として招かれお話しました。

当日は別杵速見国東地域のくらしの安心相談員や行政の方々約40名が集まりました。

午前中は、料理研究科の高橋知子先生が
「健康づくりの食事対策~賢く食べて健康寿命を保つ~」
と題し、ユーモアたっぷりに健康づくりの食事についてお話してくださいました。
私も以前、一度先生の話を聞く機会がありとても楽しくファンになったので、
久しぶりにお話を聞くことができ楽しい学びができました。

この頃「アンチエイジング」という言葉をよく耳にします。
アンチエイジングとは、加齢に抵抗することではなく、いかに現状
(今の能力)を維持するかが大切なこと。
健康管理には、
1.食事 2.運動 3.休養、睡眠
が大切ですが、食事のウェイトが50%と高いこと。
若さを保つには、胃腸と肝臓、血液がサラサラなことが必要です。
バランスよく、よく噛んで食べましょう。
おいしく食べることができることはとても幸せなことであり、健康の基本です。
1回1回の食事を大切に楽しく、賢く食べていきたいと思いました。

午後の部は
「遺言は愛する家族への思いやり~遺言書の書き方・残し方~」
と題して、私が遺言や遺言信託の活用法についてお話させて頂きました。
DSC00656.jpg

遺言クイズ等を織り交ぜながら、皆で楽しく学びました。
DSC00663.jpg

2006年4月の高齢者虐待防止法の施行後初めての調査結果が先日
厚生労働省より発表されました。
それによりますと、高齢者虐待の37%は息子から、次いで夫が14%、
娘14%となっています。
虐待を受けた高齢者も80%が女性となっています。
女性の方が長生きですから、こういう結果を見ると高齢者問題は
イコール女性問題であることがわかります。
女性の皆様、最後一人になっても人間としての尊厳を持って生きられる
よう、遺言や遺言信託等を活用して、早めの老後の備えをしておきたいものです。
DSC00660.jpg

スポンサーサイト
いきいきライフ華セミナー第7弾!
DSC00655.jpg

平成19年10月25日(木)
いきいきライフ華セミナー第7弾は
「知らないと損する!暮らしの税金Q&A」
と題して、NPOプラザで行われました。
税理士の波多野郁子が、「税金ってなんだろう?」・・・と皆に問いかけました。
私ども税理士が税務相談会等にいると
「税金をとられる
という言葉をよく耳にします。
この言葉を聞くと、私は自分の仕事を否定されたようで悲しくなります。
日本国憲法には「勤労の義務、教育の義務」とともに「納税の義務(第30条)」を
国民の三大義務としています。
そして、同じく日本国憲法84条には、
「新たに税を課し又は現行の租税を変更するには、法律又は法律の定める条件によることを
必要とする」
・・・と、租税を課すには法律によることを定めています。

皆さんが選んだ政治家が法律を作り、それによって課税されるのですから、
政治にも関心を持つことを喚起しました。

確定申告や年末調整、年金と税、生命保険と税・・・等々暮らしの中での税金について
やさしくわかりやすく解説し、参加者の皆様も頷きながら聞いていました。
「灯火親しむ秋」の有意義な学びとなりました。
ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。
DSC00653.jpg


「感動の詩をかたちに!」コンサート


19年10月20日(土)
おおいた団塊くらぶが後援し、実行委員会を作って長い間準備してきた 盧佳世・森進一郎コンサート
「感動の詩をかたちに!」が別府市中央公民館で行われました。
会場には団塊の世代を中心に約350人が訪れてくれました。
私達おおいた団塊くらぶのイブニング娘も受付嬢で頑張りました。
20071029172042.jpg

交通事故に遭い、26歳で亡くなった千葉県東庄町の高木昌宣(レヴィン)さんが
書き溜めていた詩に盧佳世さんが曲をつけた「かたち」が団塊の世代の地域を越えた
交流の中で、大分の森進一郎さんに伝わりました。
その歌に感動した森さんが、大分でこの歌を歌うこととなり、それがご縁で今回のジョイント
コンサート開催へと結びつきました。
DSC00652.jpg

会場には、高木さんのご両親や妹さんも千葉から駆けつけ、二人の熱唱に息子さんを偲ばれました。
ご家族にとって、この歌は永遠の形見となり、歌を聴いた皆さんの心にもレヴィンさんの
やさしい心が伝わったことでしょう。
お誘いした多くの方から「とても良かった!!」と喜んで頂きました。
また、団塊の世代の元気とパワーも発信できたのではないでしょうか。
ライフパルNPO講座「片手にミッション、片手に電卓」


平成19年10月19日(金)18時より、ライフパルのNPO講座にて研修をしました。
今回のテーマは「NPOの資金調達の考え方と方法」です。
東京出張から14時に帰り着き、それから研修会場に駆けつける・・・という
ハードスケジュールでした。
DSC00648.jpg

NPOの経営は、その経営資源である人、物、金、情報、その全てが不足する中、
社会的使命のために頑張っているのが現状ではないでしょうか?

中でも、資金調達の悩みはどのNPOも頭の痛い問題です。
そこで今回は、資金調達について一緒に考えていきました。

NPOの資金源は
①寄付金 ②会費収入 ③助成金、補助金収入 ④受託事業 ⑤事業収入
・・・と種類は多いのですが、多くの資金は不安定で継続性がないのが特徴で、
常に資金開発を考えておくことが大切です。
そこで、NPOの資金源の特性をよく理解した上で資金戦略を立てる必要があります。
また、一度つかんだ資金源を話さない努力も常々必要です。
社会的使命だけでは活動は継続できません。
「片手にミッション(使命)、片手に電卓」
そんなバランス感覚を持ってNPOの経営に臨んで頂けたらと思います。

労働金庫さんをゲストにお迎えして、NPOへの融資のポイントや労金さんのNPOへの
助成金についてもお話していただきました。

お集まり頂いたNPOの皆様に少しでもお役に立てたなら幸いです。
DSC00646.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。