神鳥会計事務所
  • Author:神鳥会計事務所
  • <所長>
    税理士・行政書士・
    CFP・ケアマネジャー
    神鳥 慶子
    (NPO法人キャリアサポート華メンバー)
    〒873-0002
    大分県杵築市大字南杵築1673-3
    TEL(0978)62-5428
    FAX(0978)62-5429
  • RSS
神鳥会計事務所Blog
皆さんからのコメント、お待ちしています!!
Facebook


FC2カウンター


Tree-LINK


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


プロフィール

神鳥会計事務所

Author:神鳥会計事務所
<所長>
税理士・行政書士・
CFP・ケアマネジャー
神鳥 慶子
(NPO法人キャリアサポート華メンバー)
〒873-0002
大分県杵築市大字南杵築1673-3
TEL(0978)62-5428
FAX(0978)62-5429


ブログ内検索


RSSフィード


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セカンドライフ塾in竹田
11月25日(土)セカンドライフ塾最後の開催地である竹田会場が
無事終わりました。
いきいきセカンドライフの発表者はNPO法人河童倶楽部の幸野敏治氏と
大分県団塊コーディネーターの佐藤雅秀氏です。
幸野氏は
「川の流れに身をまかせ」
と題し、本業の花屋を奥様に乗っ取られて(?)大好きな川で大野川の
研究や川遊びを悠々と楽しまれている様子を楽しく語られました。
また、佐藤氏は
「生きがいを求めて~セカンドライフは自分のために~」
と題してお話してくださいました。
大分合同新聞社を早期退職され、JA大分中央会や団塊コーディネーター等
生活するための仕事をしながら久住で週末農業をし、
ヤーコンというイモ(便秘や糖尿病に効果抜群!)を栽培して、
地域づくりの仕掛人として活躍する様を面白く楽しく話され、
会場は笑いの渦でした。
そして、メイン講師は佐伯市米水津村の高橋水産㈱社長 高橋治人氏。
高橋社長は
「私たちの会社はこうして生き残った」
と題してお話してくださいました。
帰郷して家業の水産加工業(魚の干物)を再建し、日本一の産地に育て上げた過程…。
自分の幸せ、家族の幸せ、働きやすい社員の環境づくり…と、
まず自分たちが生きていくためにどうしたらよいか?
と考えて頑張ってきたことが、地域づくりにつながっていったそうです。
帰りには、参加者全員に高橋水産㈱の鯖の干物をお土産に頂きました。
お土産つきのセカンドライフ塾なんて初めて!
帰ってから、自宅でできた大根おろしを添えておいしく頂きました。
社長、ありがとうございました。
2回目は12月6日(水)竹田市文化会館18時30分からです。
また皆様の元気な笑顔にお目にかかりたいと思いますので、ご参加お待ちしております。
スポンサーサイト
セカンドライフは生き方を180度変えてみる
「大分いきいきセカンドライフ塾」日田会場が11月18日(土)、
日田中央公民館で行われました。
日田会場のメイン講師は、個性ある別府のまちづくりをライフワークとする「別府八湯竹瓦倶楽部」代表世話人の河村建一先生、いきいきセカンドライフの体験発表者は「NPO法人技術サポートネットワーク大分」の田中満洲光氏と「農家ん宿楽菜(らくさい)・風工房」の平山ご夫妻でした。
平山ご夫妻のユニークなセカンドライフの生き方をご紹介します。
ご主人の平山氏は熊本県のご出身ですが、高校卒業後憧れの東京へ…。
大学卒業後、各種の仕事を経験後、郵便局に勤務していました。
一方、夫人の幸子さんは、高校の英語教師。
お二人とも仕事に追われ家には寝るために帰るだけの状態だったそうです。
このまま頑張っていけば、二人とも病気になってしまうと感じたお二人は、揃って早期退職。
幸子さんは、これからは土をいじって生活したいと思ったそうです。
退職後ご主人は農業大学校で新規就農者研修を受け、野菜作りの勉強をしました。
その後、日本中農業のできる土地を見てまわり、たどり着いたのが日田市前津江町の芽葺き屋根の家でした。
裏には広大な畑もあり、イロイロな野菜や果物も栽培できます。
一目で気に入り、埼玉県から前津江町に移住してきました。
大自然の中の芽葺き屋根のお家で、畑仕事をしながらゆったりとした時間を過ごし、癒されたお二人。
かつての自分たちのように多忙な日々の中、心をすり減らしている人達に、この家でゆったりくつろいでもらいたいという思いがわいてきました。
そこで、一日一組だけ泊まれる農家ん宿:楽菜・風工房を始められました。
このことがテレビ番組でも取り上げられ、ご夫妻の宿は大盛況です。
限界を感じたら、頑張りすぎず生き方を180度転換する勇気も必要なことだと感じました。
「したいことがあったら躊躇せずにやってみる。人生って面白い!!」
ご夫妻の輝く笑顔が心に残りました。
食べ物の背後の物語
今日も秋晴れの良い天気です。
先日、お友達のハッスルゆきこと一緒にお客様の梨園を見学させてもらいました。


豊水、新高、新興、新雪…と一年中各種の梨を一家で栽培されています。
広い梨園の周りを、猪の被害から守るためにネットで囲み、畑はきれいに整備されています。
木には、袋を破るほど梨の実が成長し、たわわに実っています。
子供の頃、父の梨園での楽しい収穫の時を思い出しました。
帰りにはもぎたての新高を購入。
おいしい食べ物をいただくときには、背後にある農家の方のたゆまない努力やご苦労に感謝の心を忘れず味わいたいものです。
文化に触れた文化の日
11月2~3日は、税理士会の別府支部の研修旅行でした。
まず、吉野ヶ里歴史公園に行き、広い公園の中の竪穴住居や物見櫓などを見学、弥生人の生活に想いをはせました。
20061107090257.jpg

キリンビール園での昼食はでは、コスモス畑が前面に広がり、コスモスが秋の陽射しの中、白や紫、ピンク…と、美しく咲いていて、心が和みました。
20061107090328.jpg

続いて福岡市美術館では、古代ローマ帝国の時代、火山の噴火で埋没した「ポンペイの栄光と悲劇」の展示を見学しました。
イヤリングや腕輪など、そのデザインの斬新さに驚きました。
「こんなのほしい!」
と思うような素敵な装飾品ばかりでした。
翌日は文化の日。
大宰府の九州博物館を見学し、午後は劇団四季のミュージカル「アイーダ」を見学。
古代エジプト時代の大恋愛の物語。
博物館、美術館、観劇…と、文化に触れた「文化の日」でした。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。